今日はクリスマスコスメではなく、
10月16日発売のボリュームマスカラと
8月に百貨店数量限定発売され、現在はECサイトで販売されている4色アイシャドウふたつ
を解説したいと思います

IMG_1771
※NARS JAPAN様からご提供頂きました

目次
  • NARS クライマックス エクストリーム マスカラ
  • NARS クワッドアイシャドー 3970
  • NARS クワッドアイシャドー 3972

■クライマックス エクストリーム マスカラ
内容量 7g|税込価格 3,960円(本体3,600円+税)

IMG_1772

太い黒のサインペンのような出で立ち。

こちらミニサイズもあります。
内容量 4g|税込価格 1,870円(本体1,700円+税)

ちょっと試してみたい人、持ち運びしたい人、マスカラを複数持ちしている人はミニサイズも良いかも。
ただし、どこでも購入できるわけではないので下記をご確認の上、お調べください。

セミセルフ店舗、百貨店オンラインショッピング、
NARS Cosmetics オフィシャルサイト、
NARS ビューティ・スクエア限定発売。

IMG_1773

回転式キャップを開けるとこのような感じ。
キャップを閉める際はカチッとするまでひねってくださいね。

IMG_1774

この新しいマスカラの特徴
  1. ブランド史上最高にドラマティックなボリューム
  2. たったひと塗りで瞬時に爆発的なボリューム
  3. XXXLサイズのうねりのある硬めのブラシ
  4. ラテックスのようなつややかさと漆黒の仕上がり
とにかく、ボリュームがすごい!!!ということですね。

話が逸れるのですが、
ボリュームマスカラってあんまり流行らないよねという話
についてちょっと触れても良いですか。

これは恐らく、難易度と昨今のメイクの流れが関係すると思われます。
そもそもマスカラには、ロング、セパレート、自まつげ際立ち、カール、ボリューム等々の特性のいずれかが備わっています。
ロング&カールというように2つ明記してあっても、どちらかが特に優れている…というパターンが多いです。

この5つの中で最も塗るのが難しいのは、ボリュームタイプだと個人的に考えます。
と言うのも理由は簡単で、ボリュームを出すために液がたくさん付くからです。

まつげに液がたくさん付くと、人はあせります。
ムラになったりダマになったりしたらどうしようと思うから。
でも実は、そこまであせらなくても大丈夫なのです。
ボリュームタイプのマスカラ液はカールタイプと比べるとゆっくり乾く傾向にあるからです(私調べ)。

塗った直後にマスカラコームやスクリューブラシで触り過ぎるのはNG。
余計にぐちゃぐちゃになっていきます(よね?)。

ボリュームタイプ攻略の鍵は、
  • 寝坊した日に使わないこと(時間にゆとりがあるときに使う)
  • ある程度ガツンと液が付くことを前提として落ち着くこと
  • 何度も塗り重ねず1〜2ストロークで一旦毛の状態を確認すること
  • 確認したのち液が固まっている部分があればコーム等で最小限とかすこと
  • 乾いてから塗り重ねないこと
です。すぐ触るより確認している時間分乾かしてから触った方がほぐしやすいですよ。
塗り漏れを見つけたら、無視するか、ブラシの小さい別のマスカラを塗るか、マスカラのブラシで塗り重ねずコーム等に取って塗るかすると良いと思います。
私は使い捨てのスクリューブラシを使っているのでスクリューブラシに少し液を取って修正します。

あとは、昨今のメイクが『盛り』から『ナチュラル』志向になったことも関係ありそう。
ボリュームを出したい人はマツエクやつけまつげで調節できますしね。
私もメイクが全体的に濃い割にはボリュームマスカラをほとんど使わないな〜と。

……で、NARSのマスカラの話に戻しましょう。

NARSさんは一昨年、クライマックス マスカラという赤パケのものを出していて。

IMG_1782

私はミニサイズしか持っていないのでミニサイズで比較。
こちらもかなり大きいブラシですが、エクストリームにパワーアップしました

そんなこんなでボリュームマスカラが流行らない中、ボリュームタイプ欲を満たしてくれるNARSさん。
しかも塗り重ねず仕上げられるように“ひと塗りで”をポイントにしているのが良い。

ボリュームタイプを使いたい!という気持ちは確実にあるので、もっと気軽に手に取るキッカケとなるボリュームマスカラになることを期待して、さっそくメイクしてみます。

IMG_1783

マスカラまでのメイクを済ませた状態です。
下地など何も塗らずエクストリームマスカラのみ塗ります。

IMG_1784

どうでしょうか
まつげバサバサ!!!
目力アップしました

IMG_1775

繊維はフリー???
純度の高いマイクロ状のピグメントにコンディショニングオイルを染み込ませたマスカラ液がまつげに絡みつくイメージ。

爆発的なボリューム、感じる!!!けど、やっぱり初心者さんには厳しいか…な。
このXXXLサイズの初体験な巨大ブラシを扱い、濃密な液をさばくのは難易度高いかも。
でも、このボリュームは純粋にすごい。

塗り方変えてみます。

IMG_1785

上まつげは束まつげ、下まつげは撫でるだけにしました。
つけまつげみたいな迫力!
下まつげは崩れやすいので初日は様子を見てください。

マスカラは鮮度が命(乾燥大敵)なので、この秋いろいろ試してみます。

■クワッドアイシャドー 3970/3972
全8種 税込価格 各6,264円(本体 各5,800円+税)

IMG_1780

ほう…開けた瞬間に粉質の良さを感じるプレス具合…
輝きも素晴らしいです。

IMG_1781

チップ等の付属品は無しで大きめのミラー付き。
スウォッチも載せますね。

IMG_1792

まずは3970番を紹介します。

IMG_1778

Twitterでちょこちょこ見かけたクールトーンのブラウンパレット。
オンでもオフでも、日常に寄り添う配色なのにすごくお洒落な発色。
左下はウォームカラーに感じます。

IMG_1790

質感の違いが楽しい。
シマリングローズの輝きが最も強いです。

IMG_1793

4色使ってもわちゃわちゃせず、しっとりまとまります。
数日に渡る出張などでアイシャドウをひとつ持っていくならこちらですね!
飽きのこない万能パレットだと思います。

次に3972番です。

IMG_1779

温もりと華やかさの両立された秋色パレット。
一目で美しい!!!と感じる絶妙な配色です。

IMG_1791

赤に目が行きがちですが、よく見ると全部攻めてます
アンティークブロンズが好きです。

IMG_1794

縦割りにして、赤をライン状に入れました。
目尻の三角ゾーンと粘膜周辺をあけて、わざと囲み目にせず。
敢えて線を繋げないことでスッキリ見せました。

さすがの粉質です
しっとり密着しますし、粉飛びせずメイクしやすい。

以上3品をご紹介しました。
秋冬メイクのお供にどうぞ。