①はこちら⇨http://chicoecco.blog.jp/archives/5488007.html

IMG_1051

(10)シュウウエムラ ルージュ アンリミテッド BR736

(11)ヴィーナスマーブル キャットシリーズ マットリップカラー 敏感

IMG_1069
IMG_1064

(10)は伸びの良いリップスティック。

IMG_1086

クールトーンのブラウン。
教えてくださった月子さんのツイートを貼りますね。
(ご本人に許可を得ています)


このツイートを見た時に、こんなブラウン見たことない!!!
と興奮してすぐに購入しました。

月子さんの仰る通り、顔の温度感が下がる!
そのため、アイメイクやチークをどうしたら良いのか悩みました。
どこかに温かみを持たせないと、かっこよくなり過ぎるなと。

個人的にはチークではなく、アイメイクを暖色系にする方が好み。
せっかく顔の下半分の温度を下げたのに、チークですぐ
温かみを出すのはもったいない気がして。
(私はチークをめちゃくちゃ下に塗るので余計にそう感じる
のかもしれない)

頬骨にチークを塗る人は、チークを暖色系にすると良いかも。
(10)は色的には何でも合いそうなブラウンだけど、
顔全体の色のバランスに気をつけるともっと素敵に使える
なと感じています。研究あるのみ。

チョコ感は無い!

IMG_1064

(11)はシアーマットなチップタイプのリップカラー。



IMG_1083

単色塗りするとこんな感じのクリアでふわふわなブラウン。

内容量が少ないのか、部屋が寒くて固まりやすいのか
分からないけれど、チップに液が沢山付くタイプではないです。
足りないようなら、何度か本体にチップを差し込んでしごいてみて。

口紅に重ねるとどうだろう?と思い、
②で紹介した(9)の上に(11)を塗ってみました。

(9)のみ
IMG_1071
⬇︎
(9)+(11)
IMG_1072

どうでしょう?
少しまろやかになりましたよね。

(11)単体ではチョコレートと言えるほどブラウンは強くない
ですが、他のリップに重ねることでチョコ感を演出できるかも!
と思いました♩

IMG_1052

(12)フラワーノーズ Love Bear リップスティック 可可熊(ココア熊)

(13)フラワーノーズ Love Bear リップスティック牛奶巧克力(ミルクチョコレート熊)

IMG_1070
IMG_1065

カラー名称から期待大。
熊リップを紹介したツイートは添付の通りです。




(12)は本当にココアみたいな色。

IMG_1087

少し赤く見えるかもしれないけれど、その赤さも含めてチョコを感じた!
ブラウンリップとは言いづらいけれど、ココア熊という名前には納得。

(13)は見た目より明るいオレンジでした。

IMG_1053

すごくかわいいけれど、ミルクチョコレート?とは思わなかった。
紙に出すと茶色いので、私の唇が悪いのかもしれない…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さてさて、13色の紹介が終わりました。

ナンバーワンチョコレートリップは……
(3)ZENN COLOUR SQUARE リップグロス Z601

IMG_1054

チョコレートリップはハーフマットなものの方がそれらしいかなと
思っていたけれど、色々検証していく中でツヤも重要な要素の
ひとつだと知った!

Z601を1位に選んだ理由は、
  • ブラウンに発色した
  • チョコをかじった時の体温で少しとろける感じが表現できた
  • チョコレートファウンテンのイメージがわいた
からです。

次点は、
(12)フラワーノーズ Love Bear リップスティック 可可熊(ココア熊)

ブラウンの発色は弱めだけれど、確かにチョコを感じられたため。
寒い時期にぴったりのソフトマットな質感が色合いにピタリとはまりました。

以上、チョコレートリップを探そう!でした。ありがとうございました