中国メイクをしている女性を見て、かわいいなーやりたいなーと思いつつ機会が無く。
ブログのネタに良いかもと思い、今回初挑戦しました。
SNSでいくつか写真を見た感じだと
“眉尻をシュッとさせること、目周りは赤いアイシャドウを使うこと”がポイントだと解釈。
やりながら修正すればいっか…ということで、ふわっとした知識のままさっそく始めます!

IMG_0929
■ビフォーアフター
肌の色は同じはずなのに、撮影の時間帯の関係で肌が白くなっています…
IMG_0953

■ベースメイク使用コスメ
IMG_0932
□DUcare メイクブラシ13本セット 孔雀緑 9番
□ランコム タンイドル ウルトラ ウェア スティック 005番 ※日本未発売カラー

□エチュードハウス マイビューティーツール ウェッジパフ

■ベースメイク手順
ファンデーションはカバー力があり、あまりツヤが出ないものを選びました。
ひとつしか持っていない人は、いつもので大丈夫。
スティックを適当にすべらせて、乾く前にパフで全顔に伸ばします。
目周りはブラシで広げ、パフで押さえました。

■アイブロウ使用コスメ
IMG_0933
□Judydoll カラーリング アイブロウ パウダー 04 カーキブラウン

□Judydoll パーフェクト スキニーアイブロウペンシル 04 カーキグレー

□白鳳堂 アイブロウ J5549H

■アイブロウ手順
まず、色。黒眉やグレー眉が多かったのだけど、私はカーキ眉にしました。
赤シャドウに合いそうだなって。
ペンシルを使って眉毛の下ラインを引き、眉尻を尖らせるように続けて上ラインへ。
IMG_0940
ペンシルで下書きする際、眉頭は避けること。
眉頭までペンシルを入れてしまうと、野性味が薄れる気がする!
野性味…?隙間はパウダーで埋めるので禿げたままにはならない。
IMG_0941
ペンシルの線をちょっとだけボカしつつ、眉毛の隙間をパウダーで埋めましょう。
色はこの中央のカラーのみを使います。
IMG_0954
ブラシは無人島にも持っていきたいくらい大好きなJ5549H
税込1,870円(2020年1月時点)とそこまで高くないので、コスメはプチプラ派
の人にも試してほしい一品。眉毛大事。
IMG_0938
カーキの眉マスカラを持っていなかったので、これで完成。
眉山に角度をつけなかったけれど、太めに輪郭を取り、眉尻を尖らせるだけで
それらしくなったのでよかった。

■ポイントおさらい
  • ファンデーションの色はいつも使っているものでいい
  • 選べるなら、マットな仕上がりのもの(パウダーで調整してもOK)
  • 眉毛全体の形は自眉を活かそう(無理に角度をつけなくても大丈夫)
  • 眉尻はシュッと尖るようにペンシルでしっかり描く
  • 眉頭には野性味を残して強さを出そう(ペンシルで埋めるとのっぺりする)
次回は、はじめての中国メイク②アイシャドウメイク方法です。
次のページをご覧ください。